クレジットカードが使えなくなる理由とは

買い物をした時や飲食店で飲食をした時、通販で買い物をした時の支払いに、クレジットカードを利用しているという人も多いのではないでしょうか。


これまで使うことが出来ていたクレジットカードがある日、突然使うことが出来なくなったとしたら、その理由はどのような事が考えられるのでしょうか。まず、考えられることとしては、有効期限が切れたということです。

これは、カードの表面に記載されている4桁の数字で確認することが出来ます。

有効期限が切れた時点で、そのカードは使うことが出来なくなります。審査を通過することが出来ていれば、新しいカードが手元に届いているはずですので、そのカードを使うようにしましょう。

次に、クレジットカードの使い過ぎです。



クレジットカードには、あらかじめ利用限度額というものが設定されています。
状況により異なるため、一概にいくらであると言うことは出来ませんが、一般的なカードの場合は10万円から30万円程度、ゴールドカードでは、300万円まで利用することが出来る場合もあります。


1ヶ月の間にこの利用限度額に達してしまうと、その後は利用することが出来なくなってしまいます。

カード会社への支払い方法にリボ払いを設定していると、限度額に達しやすいため、毎月の利用額を確認するようにしましょう。



そして、クレジットカードそのものに異常がある場合もあります。



カードの情報を読み取ることが出来ない状況では、使うことが出来ない可能性がありますので、カード会社に相談をしましょう。